Fireworksで写真をマスクする方法

Fireworks_mask

以前、メインのブログに”Fireworksでよく使う小技 | 19740308(TM)”という記事を書いたのですが、イラレ・フォトショに比べてFWはチュートリアルや小技があまり見つからないなぁと思ったので、よく質問されることを書いておこうと思います。

私はWebのカンプはFWで作るのですが、「写真の切り抜き(マスク)もFWの中でやるよ~」というと、FW使わない人からは結構驚かれます。いや、ちゃんと出来ますよ!

基本的なマスク方法

100_3073

これは、うちの猫の写真ですね。ひどい格好ですが気にしない!

これを、ちょっと違う形に切り抜いてみます。

090221_fw01

写真の上に載せた、白い楕円の形に切り抜いてみますね。
レイヤーではこういう状態です。

090221_fw02

「マスクとしてグループ化」を使う

切り抜きたい形のオブジェクトを作成して、ビットマップの上に配置します。
次に、両方を選択した状態のまま、メニューの「修正」→「マスク」→「マスクとしてグループ化」を選択します。

090221_fw04

すると、上に載せた楕円系の形に写真がマスクされます。これだけなんですが、「マスクとしてグループ化」をよく知らない人が多いみたいですね。

090221_fw05

この、上に載せるオブジェクに、あらかじめ「エッジをぼかす」を適用しておくと、

090221_fw06

こういう効果をつけることができます。
この方法、もう少し詳細な解説を書きたいなと思っているので、今日は(眠たいし)ざっくり基本の手順だけ書いておきます。
応用方法としては、マスクする形のオブジェクトにグラデーションをかけたり、エッジをぼかす、線をつけておくなどをよく使います。

こ、今度はもうちょっと丁寧に書きます‥‥。

Comments on "Fireworksで写真をマスクする方法"

トラックバック 1件

コメントを残す