FancyBox for WordPressプラグイン

最近いくつか書いた、作業手順を示すような内容のエントリには、設定項目のスクリーンショット画像などが入るのですが、ブログのレイアウトの幅に合わせると見づらいので、大きく表示できるように、
FancyBox for WordPressプラグインを使うことにしました。

フォトギャラリー系のプラグインはいくつかあるのですが、その中でこれに決めたのは、

  • 画像に対して、その都度クラス名を指定する必要がない(HTMLを編集する必要がない)
  • 自サイト内の画像へのリンクは拡大、外部リンクはページ移動のみを、自動で判別
  • 自分でjQueryだとかをサーバーにアップしなくても、自動的にインストールされていた

とにかく手軽さですよ!

プラグインをインストール→有効化
これだけですぐ使えます。

画像を入れたエントリーを書いた時は、アップローダーの設定画面で、オリジナルの画像にリンクするようにします。

1.挿入した画像の上にマウスカーソルを載せると、画像の上にボタンが出ます。
090227_02
「画像を編集」の方をクリックすると、画像の配置に関する設定画面が開きます。

2. 元の画像にリンクを張るように設定
090227_01

この設定をしておけば、自動的に画像がアニメーション・拡大するようになります。
HTMLやCSSを覚えていなくても、自動的に設定してくれるプラグインは良いですね。バックアップなどもそうですが、出来るだけ自動化できる部分を増やしてけるのがWPの良いところだな~と思いました。

コメントを残す